Blog&column
ブログ・コラム

塾通いは中学受験でも必要なのかどうかについて

query_builder 2022/01/01
コラム
9
中学受験を考えているご家庭は、早い段階から塾に通わせているのをご存じでしょうか。
実際に小3から通わせて、中学受験の準備をしているご家庭もあるのです。
この記事では塾通いは中学受験に本当に必要なのか、また通い始める時期について紹介していきます。

▼塾通いは中学受験で必要なのか
結論からいって、中学受験に合格するためには塾通いは必要です。
中学受験で出題される問題は、教科書の範囲を超えた応用力を試されます。
もし学校で習う範囲しか理解していなければ、志望校に合格は難しいでしょう。
受ける学校により内容や難易度は違いますが、質の高い演習問題を通じて合格県内を目指しましょう。

■小4での入塾が一般的
中学受験の準備のために塾に通わせるなら、小4頃がベストといわれています。
上記で説明した通り、中学受験で出題される内容は学校の範囲を超えて広いです。
必要な内容をすべて学習するためには、約3年は必要と考えられます。
つまり中学受験に間に合わせるためには、小4には塾で本格的な対策を始める必要があるのです。
また小4から少しずつ勉強をする習慣をつけると、最も大切な小4の時点で学習がスムーズに取り組めます。

▼まとめ
塾通いは応用力などを試す入試問題を乗り越えていくには、中学受験であっても必要とされています。
また入試に出る内容を覚えるためには勉強の習慣化が必要なので、入塾の時期は小4頃が一般的です。
当塾は中学受験の経験を積んでおり、志望校に合った対策が可能です。
中学受験をお考えの方は、ぜひ当塾をご利用されてはいかがでしょうか。

NEW

  • 最新の除菌システムを導入

    query_builder 2022/02/10
  • 現在の入試結果

    query_builder 2022/02/09
  • オンライン授業だけで大丈夫ですか?

    query_builder 2022/02/04
  • 授業料について

    query_builder 2022/02/02
  • 中学生準備講座開始

    query_builder 2022/01/04

CATEGORY

ARCHIVE