Blog&column
ブログ・コラム

受験勉強と睡眠時間の関係について解説

query_builder 2022/09/01
コラム
39
睡眠時間の確保は、勉強したことを記憶として定着させるためにとても重要であることをご存じでしょうか。
受験日が迫ってくるといろいろなことが気になり、寝る間も削って勉強しなくてはと考えてしまうかもしれません。
そこで今回の記事では、受験勉強と睡眠時間の関係に関して解説します。

▼受験勉強と睡眠時間の関係について
■理想的な睡眠時間とは
理想的な睡眠時間はどのくらいなのでしょう?
実は、この質問に対しての明確な答えはありません。
必要な睡眠時間は個人差があるからです。
ただし、6時間以下の睡眠ではパフォーマンスが下がるという調査結果があります。
また、難関大を受験する受験生の睡眠時間は6~7時間が平均だと言われていますので、そのくらいを目安と考えてもいいでしょう。

■睡眠不足では学習にも大きな影響を与える
6~7時間も寝たら勉強できないという意見もあるかもしれません。
しかし、寝不足で授業に集中できなければ、高校生に必要な学習が出来ていないことになります。
受験勉強のために睡眠時間を削って、集中力が低下してしまっては本末転倒ですし、体にもよくありません。
眠ることで記憶を促すと言われているように学習効果を高めるためには、十分な睡眠は欠かせません。

■睡眠の質にもこだわる
睡眠時間も大切ですが、睡眠時間は十分なのに疲れが取れないという場合もあると思います。
そのために、睡眠の質を上げる必要があります。
良質な睡眠には下記のような副交感神経が高まる行動が必要です。

・ストレッチを行う
・深呼吸をする
・好きな音楽を聴く
・起床後に朝日を浴びる

逆に練る直前までスマホ・テレビ・パソコンの画面を見たり、寝る直前に41度以上のお風呂につかるなどはNGです。

▼まとめ
受験生にとって睡眠時間の確保はとても大切なことです。
睡眠中に記憶を促すと言われていますし、健康上の観点からも睡眠不足は避けるべきです。
学習塾ランクUPでは、大学受験に向けて思う存分勉強に集中できます。
充実した学習環境が、勉強時間を多く必要とする受験生に大変喜ばれています。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 最新の除菌システムを導入

    query_builder 2022/02/10
  • 現在の入試結果

    query_builder 2022/02/09
  • オンライン授業だけで大丈夫ですか?

    query_builder 2022/02/04
  • 授業料について

    query_builder 2022/02/02
  • 中学生準備講座開始

    query_builder 2022/01/04

CATEGORY

ARCHIVE